兵庫県芦屋市→尼崎市の引越しが1.4万円!ブレックス【体験談】

引越し基本情報

【引っ越し前の住所】兵庫県芦屋市
【引っ越し後の住所】兵庫県尼崎市
【引っ越し時期】8月
【引っ越し人数】1人
【間取り】4LDK→1K
【オプション】なし
【引っ越し料金】14500円

引っ越しがブレックスで1.4万円だった!

父の破産により、もともと住んでいたマンションの一室を売却しなければならず、退去が8月末だったためです。

自己破産により担保に出してしまうと、物件の資産価値が下がり、借入金額が下がるなどという理由でした。

自分の成長や、産まれた土地を離れるのはいささか寂しいものがありましたが、自分のためだと思いました。

また、引っ越し先の尼崎は、治安の悪い場所で有名ですが、その分物価も安く、暮らしやすそうだと思い、引っ越し先に選びました。

私がブレックスを知ったのは、実家の前に父が購入していたマンションがあり、そちらに小学一年生の頃に引っ越した時の業者がブレックスでした。

阪神間では有名な引っ越し業者で、芦屋市内での引っ越し、また父と私自身の引っ越しにもブレックスを利用させてもらいました。

業者の信頼性は私より父が知っていると思い、全て任せることにしていました。

私は迷わずブレックスに決めました。

というのも、ブレックスは過去に利用させて頂いたこともある業者なので、それほど迷わなかったというのが本音です。

梱包や、配送は丁寧です。

今回は父の経済状況もあり、見積もりにかなり無理を言いましたが、それでも運んでいただけて嬉しかったです。

また自分が阪神間、及び関西を離れる時も、できればお願いしやすい業者に頼んだ方がよいだろうという判断もありました。

私がブレックスにした決め手は、阪神間での知名度です。

神戸、大阪、他近畿圏内ならブレックスの安さは非常に魅力的です。

また、自分が見積もりを頼んだわけではないのですが、引っ越しの時に出る廃棄も、安い値段で請け負ってくれます。

今回は、私たち家族がお世話になっているというところも大きく、担当の方も以前の引っ越しを覚えていてくださっていました。

ブレックスの特徴は、見積もりの速さ、安さ、そして堅苦しくないところです。

まず、近畿圏内での引っ越しならば、かなりいい選択肢となるでしょう。

そのほかにも、見積もりがしっかりしており、同時に廃棄の見積もりもしてもらえます。

引っ越しまで時間が無い、そんなときに家財道具がたくさんあり、処分しないといけないものがあると困るときに、ブレックスは廃棄に関しても同時に見積もりをしてくれるので、時短になります。

また、担当者の方が堅苦しくなく、自然に話せるのもいいところではないでしょうか。

実際に私が引っ越ししたのは、ブレックスによる家財道具が家に届く10日前でした。

それまで部屋に家具はなく、おおよそ引っ越しとは思えない寝袋で寝て、コップはペットボトルというものでした。

10日間そのように過ごして、やっと家具が届いたのですが、持ってくる家具はベッド、マットレス、寝具、折り畳みデスク、折り畳み椅子、文机、クッションの7つだけだったので、非常にスピーディでした。

家具の組み立てが終わり、部屋のセットアップが終わってから、ようやく新生活でした。

引っ越しをするときに不安だったことはありませんでしたか?

引っ越しをするときに不安だったことは、洋服類、また小型のケトルや炊飯器などは事前に日本郵便のゆうパックを使って私が物件に到着する日にお願いしましたが、きちんと届くかどうかが不安でした。

そして、やはり不安は的中し、一応届くには届きましたが、夜の21時半をまわってようやく届きました。

配達員の方が新人の方だったらしく、住所を把握しきれていなかったようです。

おかげで、8月の暑いさなかに、着替えるまで朝から夜遅くまで、同じ服でいないといけませんでした。

引っ越しにはどれくらいの時間がかかりましたか?

引っ越しにかかった日数は20日です。

まず、父の家具や、無くなった祖母の部屋の家具を廃棄しようと思うと料金が跳ね上がるため、自分で粗大ごみや、燃えないゴミとして出さなければなりませんでした。

1袋5kgくらいの重量があるごみ袋が、計91個。

父は足を悪くしており、私も一人っ子で男手なので、燃えないゴミの日が週二回あり、4回で出さなくてはなりませんでした。

全ての廃棄を終えてから、ようやく引っ越し作業が始まりましたが、それにかかった日数は4日程度でした。

引っ越しが終わってからやっておけばよかったと後悔したことはありますか?

引っ越しが終わってから後悔したことは、ガスの開栓や、電気の開通手続きなど、そういった手続きがどのようなものかをきちんと把握していなかったことです。

電気は引っ越し日と住所を指定しておけば、ブレーカーを上げれば電気が使えますが、ガスは開栓に世帯主がいなければなりません。

なのでその時間に必ず在宅していなければなりません。

また、この世帯主は、例えばご主人であれば、奥様が代わりに、というわけにはいかないようです。

これから引っ越しをしようとしている人にアドバイスをお願いします。

去年、引っ越しをしたばかりですが、既にもう別の地方への引っ越しを考えています。

そして自分でも正解だと思ったのが、物を増やさないことです。

私は1Kの一間にベッド、デスク、踏み机、クッションと、引っ越しで運んできたものから増やしたものは、安いカラーボックス一つだけです。

そしてこれらは、実は引っ越し業者だけではなく、運送会社にも頼んで運ぶことができるものです。

実際に有名な配送会社にこれらの見積もりを聞いてみたところ、引っ越し業者に頼んで兵庫県から東京都まで運ぶ金額の8分の1でした。

なお、冷蔵庫なども、単身者用の小さなものなら運んでもらえますので、検討してみてはいかがでしょうか。

一括見積サイトを使うだけで引越し料金が最大50%も安くなる!

引越し予定があって少しでも安く引っ越ししたいのであれば「引越し侍」を使うことをお勧めします。

「引越し侍」を使うだけで、あなたも簡単に安く引っ越すことができます。

A社:6万
B社:4万
C社:3万

こんな感じで見積もりを比較して安いところを選ぶだけでいいんです。

「簡単に3万円も安くなったので、使って正解でした!」という声が続出です。

引越し料金の相場もすぐにわかるので、とりあえず見積もりを取ってみることをお勧めします。

>>とりあえず無料見積もりをするならこちらから

引越し体験談
都道府県別!おすすめの引越し業者
タイトルとURLをコピーしました