鹿児島県出水市内の引越しが6万円!日通【体験談】

・引越し基本情報

【引っ越し前の住所】鹿児島県出水市
【引っ越し後の住所】鹿児島県出水市
【引っ越し時期】3月
【引っ越し人数】3人
【間取り】4LDK→2DK
【オプション】エアコン取り外し及び取り付け
【引っ越し料金】6万円

引っ越しが日通で6万円だった!

元々住んでいた家が祖父名義の家であり、そこには妹家族が居住していた。

私たち3人は大阪府から実家に戻ってきたばかりで新居が見つかるまでの居候であったため、ペット可の新居が決まった段階で即引っ越しをした。

家族といえどもやはり24時間常に一緒に過ごしているとお互いイライラが募ってしまい、大阪府から戻ってきてしばらくはずっと一緒に住んでも構わないかと思っていたがやっぱりぶつかり合いが多くなった。

飼っている猫もストレスでソワソワしたりしていた為、家族3人だけでの暮らしが良いと判断して引っ越しをした。

私が日通を知ったのは、不動産屋からもらったいくつかの引っ越し業者のパンフレットからである。

3社パンフレットをもらったが、一番パッと見ての見積もりが安かったため日通に決めた。

普段から日通は有名な引っ越し業者であり、テレビCMやインターネットバナー広告などでも目にするところである。

だが、日通が行っている詳しいサービスやオプションなどは無知だったためパンフレットが役に立った。

私が迷った引っ越し業者はアート引っ越しセンターと赤帽引っ越しセンターである。

前述の不動産屋からもらった3つのパンフレットでこの3社を知り、オプションやサービスなどを知ることになったのだが、パンフレット上でのパッと見の見積もりの結果、日通が最も安かったため最終的には日通に決定した。

大きな家具や家電製品がなければ赤帽の方が安いという意見もあり、迷った。

私が日通にした決め手は、いろいろ複数あるがもっとも大切なのは引っ越し料金である。

不動産屋から3社の引っ越し業者のパンフレットをもらって検討したが、パンフレット内容に沿って同じ日程・同じ荷物の量・同じオプション依頼などで調べた結果、日通が一番安かった。

また、以前引っ越しをした際にも日通を利用したことがあり、サービスの良さやスタッフの教育がしっかりなされていることは知っていたため、今回も選ばせて頂いた。

日通の特徴は、きめ細かなサービスだと考える。

お客様の立場に立って動いてもらえたと思う。

例としてもう搬入の段階であるのに家具の設置場所がまだ決まっておらず、私があれやこれやと思案しているなか、ベテランと思われるスタッフが自分のメモ帳に部屋の間取りを書いてそこに「この家具はこっちに配置した方が~」や、「この食器棚はここに~」などレイアウトまで考えて下さったのがビックリだった。

スタッフ全員が真っ白な新しい靴下で作業をしてくれるのも嬉しかった。

日通を利用してみた感想は、率直に言えば「また引っ越しをすることがあればお願いしたい」である。

サービス、豊富なオプション、お客様の立場に立ったきめ細やかな対応、他の引っ越し業者をしのぐ安い引っ越し料金、事前訪問の際の丁寧な見積もり、作業のスピーディーさ、家具や家電その他壁などの養生も丁寧にやっていただいて非常に良かった。

ただ一つダメ出しをするとすれば、作業終了後の点検が甘く、本来持ち帰るべきダンボールや養生テープなどが庭の一角に忘れ去られていたことであろう。

引っ越しをするときに不安だったことはありませんでしたか?

引っ越しをするときに不安だったことは、一番は「引っ越し当日までに荷物の梱包が終わるだろうか」ということだった。

仕事も家事も子育てもすべて1人でしながらの家族3人分梱包だったため、とにかく時間がなかった。

早く梱包しないと!と思うのに、実際にはまだ使うから梱包できなかったりしてなかなか作業が進まなかった。

不安を解消するために行動したのがインターネットで引っ越しマニュアルを読んで、チェックリストを作成し、そのカレンダー通りに動くことだった。

引っ越しにはどれくらいの時間がかかりましたか?

引っ越しにかかった日数は、大体2週間前後だった。

頭の中で梱包するものを考えながらダンボールを組み立てて、季節柄今必要でないものなどから詰めていき、最終的に引っ越し前日までにほぼすべてのもの(食器、シーツ類、タオル類、衣装、靴、おもちゃ、学用品など)を梱包した。

インターネットで見た引っ越しマニュアルを参考に、1週間くらい前~冷蔵庫の中身の整理・電気・ガス・水道の連絡をしたり、郵便物の転送手続き・粗大ごみの運搬・大家さんとの退去確認の約束を行っていった。

引っ越し前夜に冷蔵庫と洗濯機の電源を切って水抜き。

引っ越し当日の朝は忙しく、使った布団を布団袋に収納・食べた紙皿などゴミをまとめ・忘れ物チェック(最後にポストを覗くことが忘れやすいらしい)・軽くホウキで掃除をする。

引っ越し業者さんが来たらなるべく邪魔にならない場所にいて、「これは何ですか」と聞かれた時に答えたり、新たに出てきたものを梱包したりと忙しい。

インターネットの引っ越し手続きが引っ越しの1か月前には始めないと新居に間に合わない!ということを初めて知った。

引っ越しが終わってからやっておけばよかったと後悔したことはありますか?

引っ越しが終わってから後悔したことは、重たいタンスの裏に隠れてしまったコンセントを「やっぱり見えるようにタンスを配置してもらえば良かったなぁ」ということぐらいで、特段大きな後悔はない。

家具や家電の裏についたホコリの掃除を引っ越し前日にやっておけば、当日スタッフの足元でバタバタしなかったのでは?と思うことはあった。

これから引っ越しをしようとしている人にアドバイスをお願いします。

まず引っ越し先に持って行く物と処分する物とを考えて、物を分けた方が良い(私は部屋で区分して、こっちの部屋は持って行く・こっちの部屋は処分するという風にしていた)。

お子さんがいる方は特におもちゃが膨大な量になりがちなので、子どもの手で分別をさせた方が良いかも。

ライフライン(インターネット含む)の解約・移転手続きは入居した時にもらった契約書なるもので引っ越し何日前までにと記載があるので注意しておくこと(特にインターネットは1か月以上前に移転手続きをしないと新居に間に合わない可能性があるので要注意)。

引っ越し業者によっては引っ越しで生じたゴミを引き取ってくれる所があるので要確認。

梱包したダンボールはフタに品名を書きがちだが、側面にも品名と行先(例として食器ならばキッチンなど荷物の行先も書いておくと分かりやすい)を記入するとラク。

引っ越し前後数日間は紙皿紙コップ割りばし生活がラク。

新居で新しく暮らし始める際、紙類(ティッシュ・トイレットペーパー・キッチンペーパー・除菌シートなど)を圧倒的に忘れやすいので要注意!

一括見積サイトを使うだけで引越し料金が最大50%も安くなる!

引越し予定があって少しでも安く引っ越ししたいのであれば「引越し侍」を使うことをお勧めします。

「引越し侍」を使うだけで、あなたも簡単に安く引っ越すことができます。

A社:6万
B社:4万
C社:3万

こんな感じで見積もりを比較して安いところを選ぶだけでいいんです。

「簡単に3万円も安くなったので、使って正解でした!」という声が続出です。

引越し料金の相場もすぐにわかるので、とりあえず見積もりを取ってみることをお勧めします。

>>とりあえず無料見積もりをするならこちらから

引越し体験談
都道府県別!おすすめの引越し業者
タイトルとURLをコピーしました