東京都→神奈川県の引越しが3万円!人力引越社【体験談】

・引越し基本情報

【引っ越し前の住所】東京都中野区
【引っ越し後の住所】神奈川県川崎市
【引っ越し時期】8月
【引っ越し人数】1人
【間取り】1K→2LDK
【オプション】なし
【引っ越し料金】30250円

引っ越しが人力引越社で3万円だった!

彼氏と、将来に向けて同棲を始めるためです。

また、きっかけの1つとして、お互い一人暮らしをしていた部屋の契約更新日が近くなってきていたからです。

将来的に一緒に住む想定でいる関係なら、お互いそれぞれの部屋の契約更新時期のタイミングで、引っ越しをして同棲生活を始めるほうが、お互いの経済的にも、2人の関係の今後のためにも良い方向性だと、話し合って結論が出ました。

2人で今後、より良い関係性になりたいと思った結果、引っ越しをすることになりました。

私が「人力引越社」を知ったのは、インターネット上での複数社の一括見積りをした時でした。

大手やその他中小の引っ越し業者の見積り結果が並ぶなかで、程よい金額が出た業者の1社だったので、候補の業者にしようと思いました。

そしてさらに口コミやサポート体制などを調べて、結果この業者に引っ越し作業をお願いしようと決めました。

私が迷った引っ越し業者は、アリさんマークの引越社でした。

アリさんマークの引越社は、名前は良く耳にするものの、そこまで高い金額ではなかったためでした。

また、自分が所属している会社が、アリさんマークの引越社の優待(割引)を取り扱っていたからです。

優待の割引を適用するか、それとも一括見積りで見つけた業者にするか迷いましたが、優待の割引について、謳い文句に惑わされ条件がつけられ結果そこまで安くならなかったりしたら嫌だな、という考えが頭をよぎったので、一括見積りで出た「人力引越社」に決めました。

私が人力引越社にした決め手は、口コミでした。

インターネット上での口コミが良い業者は他にもありましたが、加えて知人からの口コミ情報も耳にしたことで、身近な人からの情報ということで安心感を感じました。

最終的に悩んだ結果、インターネット上でと知人からの情報、双方から良い評価だったので、人力引越社にしました。

人力引越社の特徴は、まず1つめは段ボールの模様がかわいいことです。

インターネット上で段ボールの柄のことは事前に知っていましたが、いざ段ボールを組み立てていくと、鞄や宝箱といった、わくわくするようなみためになるのです。

骨が折れるはずの荷造り作業が、楽しくなりました。

2つめは、作業員さんが優しいところです。

淡々とテキパキ作業を進めていましたが、コミュニケーションをとった際に、優しそうなお人柄が見え、落ち着いて話すことができました。

3つめは何より料金が安いことです。

人力引越社を利用してみた感想は、適度な料金で、きっちり荷物をテキパキと運んでくれる業者さんという感じでした。

とても良い業者という印象はないものの、最低限の必要な作業をきちんと終えてくれて、淡々としていながらも細かなチェックは怠らずに終えてくれたのは良かったと思います。

全体的に見ると、大手ではないからというのがあるのかもしれませんが、無駄な部分がない、最低限の作業をきちんとやってくれる業者さんだという印象を受けました。

引っ越しをするときに不安だったことはありませんでしたか?

引っ越しをするときに不安だったことは、やはり選んだ業者の料金が安いという点でした。

安いので、どんな人柄の作業員さんが来るのか、やっつけ仕事のように雑な作業にならないか、という点が心配でした。

不安の解消法としては、「(自分が引っ越し先への到着が業者よりも遅くなったため)ずいぶんお待たせししまってすみません」などと少しずつ作業員さんに話しかけ、コミュニケーションをとり、お互いに気持ちよく引っ越し作業ができるような雰囲気作りをしました。

引っ越しにはどれくらいの時間がかかりましたか?

引っ越しにかかった日数は、トータルでは14日間くらいかかりました。

まず引っ越し準備期間として、梱包材の調達期間も含みますが、そこから、荷造り完了までにはおおよそ7日間かかりました。

また、引っ越し先で荷解きをして、荷物をしまったり後片付けをして引っ越しが完全に完了するまでは、おおよそ7日間かかりました。

引っ越しが終わってからやっておけばよかったと後悔したことはありますか?

引っ越しが終わって後悔したことは、事前準備として梱包材を多めに買っておくことです。

私は、お皿類を数多くは持っていなかったので、多めに梱包材を入手する必要はないと思っていました。

しかし、いざ緩衝材をお皿の大きさに合わせて切っていくと、緩衝材はみるみる少なくなってしまいました。

最終的には、段ボールへの詰め方の順番や位置を工夫して、なんとかお皿類は1枚も割らずに運ぶことができましたが、荷造り中に焦りの気持ちが生まれたことで、時間のロスが出て、もったいない時間だったと、振り返って感じました。

これから引っ越しをしようとしている人にアドバイスをお願いします。

梱包材類は、多めに用意しておいたほうがよいです。

なぜなら、荷物を詰めている最中に梱包材が少なくなってきてしまうと、その後どのように工夫して荷物を詰めていこうか、詰め方の当初の計画が崩れてしまい、どのように荷造りのしかたをリカバリーするか考える時間が増えたり、気持ちが焦ってしまい余計に時間がかかってしまったりするからです。

他にアドバイスしたい点としては、普段使わない物から少しずつ荷造りを始めておくほうがよいということです。

いっぺんに全ての荷造りを進めるより、少しずつできるところから進めていき作業を減らしていくほうが、後々気持ちが楽になり、荷造り作業のモチベーションも保つことができるからです。

一括見積サイトを使うだけで引越し料金が最大50%も安くなる!

引越し予定があって少しでも安く引っ越ししたいのであれば「引越し侍」を使うことをお勧めします。

「引越し侍」を使うだけで、あなたも簡単に安く引っ越すことができます。

A社:6万
B社:4万
C社:3万

こんな感じで見積もりを比較して安いところを選ぶだけでいいんです。

「簡単に3万円も安くなったので、使って正解でした!」という声が続出です。

引越し料金の相場もすぐにわかるので、とりあえず見積もりを取ってみることをお勧めします。

>>とりあえず無料見積もりをするならこちらから

引越し体験談
都道府県別!おすすめの引越し業者
タイトルとURLをコピーしました